kunityanのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北旅(道南宅から八戸へ)

<<   作成日時 : 2018/06/13 16:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

道南宅で一泊し、43q先の津軽フェリー函館
ターミナルに向けて7時に出発する。

何度となく経験している勝手知ったる行程で、
スムーズに進む。

函館に近づくに従い通勤時間帯で、やや渋滞
気味となる。

それでも余裕をもって、7時52分に到着する。

9時半出航である。

あらかじめネット予約していたので、QRコード
を印刷した用紙を、自動発券機にかざし乗船券
を発行する。

休息コーナーで待機する。

丁度フェリーが入港してきたので写す。

画像

















次いでターミナル内を写す。

フロント。

画像

















売店。

画像

















レストラン。

画像

















乗船案内が放送されたので、待機駐車場に
移動する。

ターミナルの建物を写す。

画像

















いよいよ乗船開始です。

フェリーに近づきます。

画像






















今回はフェリー内を写しませんでしたが、
前回の写真を載せます。

一般スタンダード客室。

画像

















11時10分青森大間ターミナル着港です。

車駐車デッキーで下船待機中です。

下船口を写す。

画像

















下船口が開き始めます。

画像






















国道279号線を通じて、青森から東京を
つなぐ大動脈4号線にたどり着くため、
野辺地まで、ひたすら走り続けます。

途中道の駅よこはまにて、お握りを買い
昼食タイムを取る。

画像

















道の駅を出発し6qほど過ぎたところで、
いつの間にか下北半島縦貫道路に入って
いることに気づく。

私の持っている地図は、東北大震災頃の
古い地図で、縦貫道路は未完成だった
ためでした。

高速並みのスピードで走ることが出来、
かなり時間短縮が出来ました。

大間ターミナルから106q2時間22分を
要し、野辺地にて4号線に入る。

奥入瀬に入る分岐点にもなる十和田
まで、ひたすら4号線を走る。

32q49分を要して、十和田の分岐点に
到達。

奥入瀬方面とは反対の太平洋側の六戸
方面に左折し、102号線に入る。

僅か5qで右折して、県道20号線に入り
八戸を目指す。

18qで第一の宿泊地、八戸新八温泉に
14時45分に到着する。

画像

















以下次回に続きます。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東北旅(道南宅から八戸へ) kunityanのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる