地震発生から今日で1週間

斜め向かいの奥さんが車で帰ってきた。

玄関通路の草取りをしていた妻を見つ
けてお喋りを始めた。

納豆が買えたらしい。

我が家では、昨日まで2日間手に入らな
かったので、半ば諦めていた。

テレビでも電力事情の回復が手間取り、
在庫が腐ったり節電等も絡んで、出荷が
思うようにいかないことが分かっていた。

明日また買いに行くので、我が家分も
買ってきてあげると言われたらしい。

考えてみると早いもので、地震発生から
1週間過ぎた。

地震発生時は、一瞬物凄い揺れで家が
壊れるかと心配した。

幸いストッパ等対策で、蛍光灯1個落下
破損、居間の食器戸棚のコップが2個が
割れ、昔息子が使っていた部屋の本棚
が無防備のため倒れ、本が散乱した
程度で済んだ。

我が家は、札幌東区で一番震度の高い
6弱だった。

我が家周辺で被害が余り無かった故か、
切迫感が無かった。

まる3日間電気が点かなかった不便さは
こたえたが。

LEDの懐中電灯との兼用の照明器具を
持っていたので、大いに助かった。

携帯ラジオの情報では、臨場感に乏し
かった。

かえって東京近郊の兄弟から、住んでいる
東区大変だと、携帯で伝えられて初めて
知った。

今日のテレビで知ったのだが、幹線道路
の亀裂、陥没で交通規制線が敷かれて
いる。

避難所暮らしの方もいるらしい。

清田区の液状化は、あまりの酷さで目を
覆う惨状であることが分かった。

昭和41年当時、土地を求め探し回った
時に、この付近の火山灰土地を見て、
不安を覚え買うことを控えた記憶がある。

新聞報道によると、昔川があった土地を、
水路を残し、付近の土を削って盛り土をして
造成をしたらしい。

盛り土のため、表面的には分からなかった
のかと思ったりする。

今にして思えば、家庭菜園ものが我が家
直送で、収穫期終えた芋、トマト、胡瓜、茄子、
ピーマン、人参、牛蒡、菜っ葉類各種が毎日
食べられるので助かった。


さて、今日も晴れ間がのぞく天候で、裏の
雑草置き場の芋堀をする。

余った種芋を捨てようかと思ったが、勿体
ないと雑草置き場が堆肥化していたので、
この場所に植えていた。

植えていない箇所からも生えていた。

恐らくごみとして投げた中に芋が入って
いたのだろう。

皮肉にも普通の畑に植えた芋より収量が
多かった。

改めて肥料の影響の偉大さを痛感する。

掘り起こした場所。

画像

















ポリバケツほぼ一杯の芋。

画像






















芋のアップ、結構ジャンボな芋が。

画像

















晴れ間が多い日が続く。

天気が良い日が続くのは有難い。

畑作業が出来るので、気分が滅入らない
のが良い。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年09月16日 13:04
自然の力は本当に・・・ねぇ?(笑)
我が家も。
植えたはずのないプランターから、
元気なニラの花が咲いたりしてますよ。

風や鳥が運ぶはずにない軒下の陰の鉢にも、
何やら庭にない物が生えてきているのをみると、
アリが?アリが運んで?

先日の大型台風の強風にのってきたのか?
飛散したと思われる。
【セアカコケグモ】も庭で発見してショックです。
港からとうとうこの地区にも拡散したようです。
庭仕事に注意が必要になってきました。

この記事へのトラックバック