野菜にトンネル掛けする

野菜の種蒔きをしたが、どうもその後の成長の 伸びが鈍い。 芽が出ても縮こまっている感じだ。 種蒔きしてから2度ほど霜に見舞われている。 気温の上がる日もあったが、長続きしない。 老い先短いのか、年々作業が早めになり易い。 近所の家庭菜園を見ると、総じてやっと畑を耕 し始めている。 札幌では、今月の…
コメント:0

続きを読むread more

野菜の苗類を植える

前日野菜の苗植えのブログアップを忘れ たので、今日アップします。 その前に、 低温続きを予想出来ずに、野菜の種まき をし一部発芽出来なかった種類があった。 気になっていたので、野菜の苗を植える 前に見て回る。 発芽日数を2倍近く要したが、なんとか 見えるようになってきた。 ホーレン草。 …
コメント:0

続きを読むread more

種芋、その他野菜の種を蒔く

ブログアップした段階で、野菜苗類の ブログアップを忘れたことに気づいた ので、次回にさかのぼりアップします。 前日の野菜の苗に次いで、種まき作業 に移る。 先ず芋から始める。 植える箇所の筋穴を掘る。 種芋を植え、芋の間に堆肥と有機化成 肥料を散布し覆土する。 男爵。 メークイ…
コメント:0

続きを読むread more

花の苗、野菜の苗植えで、夫婦で大忙し

2日前に馴染みの園芸店へ朝8時開店 を待って買いに行く。 コロナの混雑を避けるためである。 案の定大勢は来店せず、安心しながら 買うことが出来た。 一挙にたくさん買ったので、2日がか りで植える。 作業前に庭を見回り、改めて我が家の 桜を見る。 満開を過ぎて、僅かだが葉桜に変わり つつある…
コメント:0

続きを読むread more

壷井栄集を読んで(その3)

壷井栄の代表作品といえば、矢張り『24の 瞳』でしょう。 第二次大戦を経験している人は、この作品を 知らない人は稀でしょう。 年表を見ると、1952(昭和27)年に発 表している。 その2年後に松竹で映画化されている。 さらにテレビで7回放映されている。 私は、映画で見た記憶は浮かんでこないので、 …
コメント:0

続きを読むread more

壷井栄集を読んで(その2)

今日は、個別的な作品に入ります。 短編小説『大根の葉』です。 この作品は、前回触れた佐多稲子に童話 作家になるよう勧められたさい、借りて 読んだ坪田譲治の『風の中の子供』が色 濃く影響されたと言われています。 大まかなあらすじは、まだ戦争の色濃く ない時代、瀬戸内海に住む健という5歳 の男の子を通して…
コメント:0

続きを読むread more

壷井栄集を読み終えて(その1)

壷井栄集は、日本の文学(中央公論社昭和43 年4月初版発行80巻)の49巻目に、佐多稲 子集と併せて編集されている。 佐多稲子集は、今年の畑作業を始める前に読み 終え、その読後感を既にブログアップさせてい ただいた。 畑作業開始後は、読む暇が無いというか疲れも あって、壷井栄集を五月雨式に読み継いで、や っと昨日…
コメント:0

続きを読むread more

PCのメール不良で悩むも改善しすっきり気分

旧PCの画面に断続的に縞が発生する ようになり見辛くなった。 加えて容量が多くなり、動きが極端に 遅くなっていた。 思い切ってPCを買い替え息子に設定 を任せたが、プロバイダーからのご契 約内容のご案内書面を紛失しているこ とに気づいた。 その状況に応じた措置を取り、無事稼 働させてきた。 ところが3…
コメント:0

続きを読むread more

桜一夜にして花開く

昨日はほぼ一日天気だったが、さすがに 外に出る意欲が涌かず、眠気の赴くまま に横になっていた。 考えてみると、天気の日が続き3日間働 きづめだった。 昨日、夕方窓からふと桜の木を見ると、 花が開きかけているのが5~6輪ほど見 かけていた。 今朝窓から外を眺めると、夜中から降り 続いているのであろう、地面にか…
コメント:0

続きを読むread more

息子休みで親子3人で外作業をする

息子は、冬タイヤ交換を自分の分と、 我々夫婦の分を含めてやってくれた。 妻は雑草置き場確保作業する。 草刈りや、雑草取りの置き場は、昨 年春まで、50年来の不在地主だっ た裏の空き地に積んでいた、 ところが、やっと買い手が付き家が 新築され、場所確保に苦労する羽目 に陥った。 我が家の敷地内では、目いっ…
コメント:0

続きを読むread more

昨日も夫婦そろって同じ作業を続ける

作業中に掘り出した球根類。 名前不明の小さな球根、米粒ほどの球根が 混じっているので、取り残しするとまた出 てくるので厄介だ。 姫扇水仙、とにかく増え方が尋常でない。 毎年植え替えして淘汰していく必要がある。 水仙も遅くとも3年以内に植え替えして増 えるのを抑える必要がある。 …
コメント:0

続きを読むread more

一昨日は雨降りで休養日、昨日晴れで夫婦で外作業

雨降りで1日休養日となり、昨日は晴れと なったので、夫婦ともども外作業をする。 気温は最高8.4度、最低1.0度、朝霜が 降りる寒さだった。 少し厚着をして作業をする。 私は、畑が不足なので家横小花壇2個分を 畑化する作業を行う。 作業前の状態。 ここ3~4年ほど畑作業に忙しく、手が回 らず…
コメント:0

続きを読むread more

葉物野菜の種まき、越冬野菜に追肥

まだ最低気温が低いので、種まきには少し 早いような気もするが、葉物野菜の種まき をする。 コロナ禍で巣籠り状態が続くので、少しで も野菜を早く収穫したい思いがある。 種が小さいので見えずらい。 ホーレン草。 そのアップ。 小松菜。 そのアップ。 水菜。 …
コメント:0

続きを読むread more

家横通路を削り畑化した箇所を整備する

前日、家横通路を削り雑草を取り耕し畑化した 箇所に、昨日、石灰、腐葉土、堆肥を施し混ぜ 合わせるように再度耕す。 その後、木酢液を散布し消毒する。 更に葉物野菜用に準備した畑に、木酢液を 散布し消毒し種蒔きの準備をする。 当地では水仙等の球根類は、一般的には5月 に入らないと開花…
コメント:0

続きを読むread more

雨降り後の土の乾きを待って畑耕し再開

足かけ3日間の雨降りが続き、土の乾きを 待ち2日間の晴れの日を経て、昨日漸く畑 耕しを再開する。 まだ多少濡っぽく作業がやり辛かったが、 残りの畝を耕し終える。 残り畝は4本である。 その後、予定する野菜の種まき植え付けに は、畑の不足が予想されるので、取敢えず 新たに家横通路を削り雑草を取り耕す。 …
コメント:0

続きを読むread more

一昨日午前10時ころからの雨が現在も降り続く

畑作業で疲れた体も、足掛け3日間降り続くと 少し手持無沙汰になる。 何度も窓から畑を眺めている。 普通の雨降りでは滅多に畑に水溜まりを見るこ とが無い。 やはり足掛け3日も降り続くと、畑の表面に水 溜りが出来てしまう。 現在小降りになってきたので、畑の表面だけは 水溜りが解消したようだ。 し…
コメント:4

続きを読むread more

今日は一昨日と同じ作業を続ける

夫婦ともども老齢で作業を連日続けるのは 辛くなっている。 昨日は無理せず体を休める。 今日は、前回と同じ作業を続ける。 妻は、剪定した枝類を細断し、ごみとして 整理し束ねる。 昨日まで桜の木のそばに残っていた剪定し た枝類。 今日細断作業を殆ど終え、剪定枝類は無く なった。 細…
コメント:0

続きを読むread more

昨日午後から雨の予報で、午前中夫婦で外作業

昨日午後から雨予報で、午前中夫婦で外作業を する。 妻は、選定した枝類をごみとして整理するため 裁断し束ねる。 剪定した枝類が桜の木のそばに集められている。 作業中。 束ねた枝類。 私は、畑に元肥を施し耕す。 土が黒くなっている箇所が耕した箇所。 道路側から眺…
コメント:0

続きを読むread more

日曜日の作業日でもあり、無理せず午前中で止める

ここ何年か芝桜の花付きが芳しくない ので、千葉の業者から花付きを良くす る肥料を取り寄せました。 試験的に水に溶かし散布しました。 道路沿い花壇、昨年道路沿いから暫定 的に隣との境の花壇に移植した箇所に 散布しました。 その後、昨日の隣の畝1本分に元肥を 施し耕す。 日曜日でもあ…
コメント:0

続きを読むread more

夫婦共に今年初めての農作業

妻は農作業を始める前に、冬囲いで残って いた箇所を外し、この種作業を終える。 その後、越冬した人参・牛蒡の選り作業を 終える。 人参のアップ。 牛蒡のアップ。 ニラが芽を出す。 ニラのアップ。 私は、畝2本に元妃を施し耕す。 右は午前中耕し、ほとんど乾…
コメント:0

続きを読むread more